.

クルマを手放す際や、買取の時も印鑑証明という書類が必要になってきます。

この印鑑証明という書類に関して解説していきます。

印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印で間違いないということを裏付ける目的を持つ正式な書類です。

この書類がないとその印鑑について実印で間違いないことがわかりません。

大金が動く売買になる自動車の買取のため、必然的に実印が必要になることになりますがそれとセットで印鑑証明が出てきます。

印鑑証明という書類を発行するためにははじめに印鑑証明の手続きをする必要があります。

印鑑証明書に登録する印鑑は普通、実印と呼ばれ、世界で唯一のはんこであることが必須です。

実印を用意して、近所の役場の担当部署に行くことで、印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて、登録したハンコは実印として認められたということになります。

印鑑証明を発行してもらうには、市町村役場の取次ぎ所へ出向き専用の用紙に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

それに自動交付機で印鑑証明書を発行してもらうことができます。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですのでいつ取得した印鑑証明であろうが効力は半永久的に持続することになります。

ただクルマ買い取りの時は必須条件として三ヶ月以内に発行された書類とされています。

ほとんどのケースで期限を定める必要はないですが車買い取りの時は相手側が必須となる有効期限を定めていますのでクルマ買い取りを検討しているとしたら、買い取りが成立する前に持っておくことが望ましいです。