.

ノートパソコンのディスプレイの前で、つねに上下している市場を眺めているとどことなくトレードをするという感情が生じる人も多いと思います。過払金返還請求の時効について考える

だが、なんとなく思いつきでエントリーするのは絶対に避けてほしい。

事実、為替相場は昼夜を問わずどういう時でもいずれかの市場はやっているし、相場も動いています。

そうであっても、何度も売買を繰り返していると、それだけでマイナスになる可能性が高くなってしまいます。

当然、売買の回数を積み重ねる事でトータルで利益を上げられる確率が五分五分になっていくのは事実です。

しかしその事実は「はっきりしない直感で売買」することとは別の話だ。

売り買いの回数を積むという意味は自ら「ここは勝てる」と直感した勝算を得た場合のエントリー回数を積むという意味です。

理由がなく、休む間もなくトレードをするのとははっきりと異なります。

外国為替相場の駆け引きに臨むには自ずから緩急をつけることこそが肝心です。

「ここだ!」と考えた相場の時にはいっそのこと所有ポジションを増やして思い切り利益を狙います。

「分かりにくい市場でどう上下するのか理解できないな」と感じた時は、諦めて保持ポジションを全部クローズして何もしません。

このくらいの緩急をつけた方が、結果的には売買は儲けられます。

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと感じます。

為替取引とは休みなくポジションを保持する事が大事ではなく、売買ポジションを所有せず待っている事も事態によっては外国為替相場です。

じゃあ、どのタイミングで休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが先述の通り、これからの外国為替市場が今ひとつよく見えない時。

そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は間違って判断すると、自分で思い描いた脚本とは反対の方向にマーケットが向ってしまい損をする事になります。

こんな状況ではポジションを閉じそのままの状態で黙ってみているだけがいいと思います。

次に、体の調子がよくない時です。

体の具合と外国為替市場に関係ないと考える投資家もいるでしょうが実際には意外に関係あります。

体の状態があまりよくなければ、外国為替相場の重要な局面で正しい決定をする事ができなくなります。

関心がわかない時はマーケットから距離を置くことも必要な事です。