.

金融機関のカードを持っておりますが、利率が高額なようだと感じて、金融機関へ問い合わせしてみたのですけれどもお客様の場合は無担保ですので、そのような利子ですと告げられてしまったのです。

担保のないカードとはどんなことなのでしょうか。

かかるご質問にご回答していきたいと思います。

担保というものが存在するという意味はどのようなありさまに関することを言うのでしょうか。

キャッシングなどの際使用目的というのが自由となっている借金などで担保契約されていない事例というものが殆どでありその事を無担保ローンというように言っているのです。

反対にマイホームローンなどというようなものは買い入れるものというのは決まってますので買った物品に担保を設定していきます。

これが有担保キャッシングサービスというふうに呼称されます。

有担保ローンの強みというものは、担保がある分利子が低い金利に設定されている点です。

ではローンに担保などを設定しておきまして、利率を低く設定した方が得する希望するかもしれませんが、もし引き落しできなくなってしまった時は担保対象物件を押さえられることになってしまいますのでそのようなことをしたいという人はいるわけがありあません。

実を言いますと担保を契約設定したキャッシングといったものも有りますが、折角自身の信用度だけで借りられるわけですから多少の利子に対する額ぐらいについては見逃そうと考えるのが普通だったりします。

あと勤め人のような、所得が一定のひとは信用性というのもありますので、ことさら担保などを設定せずともキャッシングカードを発行する事というのが出来ますが、個人事業主だと所得というものが一定してないといったことから、担保の設定などを要求されてしまう時が有ったりするのです。

金融機関は貸し付けただけでは売り上げがないことになります。

回収した後始めて利益を得るので当然な要求でしょう。

それで無担保であったとしても借入できる信頼というようなものが存在するといったことは相当大きい値打ちというのが存在したりします。