.

FX投資の経験の浅い方が為替相場の肝心なところを探すためには最初に学習を積む事が不可欠です。

特に、あらかじめピンチを察知できるようにするためには負けをすることも経験のひとつ。

もちろん、マイナスになるといっても命取りとなるほど決定的な間違いをする事は許されません。

やり直しが効くミスを数度体験することが結果として己の経験を増やしてくれる。

この考えではまず初めはわずかな額で取引を行いここで幾度か取り戻せるミスをすることを推奨します。

たとえば、100万円しか投資する余裕が無い状態で考えなしで100万円を少しも残さないで投資してエントリーすると、損した時永遠に元に戻せない心配があります。

それよりは、たとえば資金の10%ずつ分けて売り買いして、それによって失敗や成功を積み重ねた方が、段々とマイナスを対応する術なども学んでいくはずです。

最初はわずかな額でトレードする事のメリットは、既出の通り、あなたの体験を増やし、マイナスを減らす方策を覚える事にありますが、それと同時に、取引の回数を多くする事で、不確実性を小さくできるというメリットもある。

1回の売買で勝てる確率が二分の一だとします。

ということは、同じく50%の確率で損が生じるリスクもあります。

勝率50%ということは五分五分の割合で儲けられる事を意味している。

しかし、全財産を使って1度のみのエントリーをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

それでは1回だけの賭け事と同じです。

要するに、全財産を賭けて1回しかトレードしないと、これでは損失が生じる割合が大きくなってしまいます。

これを回避するために、お金を全額投資するのではなく、少額ずつ分けて回数を積む事がリスク管理となります。

同時に少しずつに分割しても、全ての注文で利益を出す事は大切ではありません。

というか、勝利できないのが実際のところです。

売り買いで重要なのは、勝利回数ではなく、どのくらい儲けるかです。

勝率が2分の1でも仮に勝率3割でも稼ぐ事は出来ます。

5割以上負けても損益が少しであれば3割の勝ちの儲けだけで上手に利益を上げる事が出来ます。

そのために大切な事は損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

損失が生じたら素早く損切り注文して反対に勝てる場合にはなるべく大きくプラスにする事が、FX取引をはじめたばかりの方がFXで勝利するための神髄です。