.

「スプレッド」とはFXは通貨ペアを取引して利幅を得る商取引です。

価格は、二十四時間変動しています。

これがマーケットです。

テレビを見ていると、外貨の為替相場の話題が流れることがあります。

よく見かけるのが、「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。

つまり、外為取引には買値と売値の両方の値段があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと表しているFX取引会社も存在しています。

一般的に売値が安価に決定されています。

実際に買値は高く、売値は低くなります。

この差をスプレッドといい、FX業者の利益となっています。

スプレッドの幅はFX取引会社によって異なります。

スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので狭いFX会社をセレクトしたほうが儲けられます。

ただし、状況に応じてスプレッド幅は変化します。

例えば平常時はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドだとしても市場の動きがかなり大きい状況では1銭よりも広くなったりする状況があります。

ですから、スプレッドの広さが狭いのと共に、安定しているのが大切です。

現在では固定でスプレッドの幅を見せるFX業者もいろいろ存在しています。

実際に取引業者の取引画面でリアルなレートを確認しなければ判別できないので面倒ですが大切な事です。

多くの資金を投資して取引するのだから、実際の売買の前に、魅力的に思えたFX会社の新しい口座開設をいくつもして、スプレッドの幅をチェックしましょう。

同じ通貨のペアでも、為替の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

おおむね、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が小さく、別のペアではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。