.

ついに始める時という場合には何をおいても下調べを手抜きしてはいけません。トレードを行う前であるとすれば、起こる事を落ち着いて眺める事ができるゆとりがあります。だけれども、いっぺん売買の中へ立ち入ってしまうとどうあがいても見え方が客観性を欠くものになる事が多く時として適切な見方がわからなくなる不安があります。だから自らの頭が合理的なうちにちゃんとした事前準備が重要です。その準備とは、最初はあなたのストーリー展開を描くことから手をつけます。未来のマーケットは上がる(または下がる)からこの外貨を取引するというふうに、自分のストーリー展開を考えていきます。次に大事なのはチャートを見ましょう。今までの相場の上下動を見つめて位置を確かめます。そうすれば、「今日はなかなか高い段階だ」とか、「大多数の人が取引しているからこれから先急に売買してもすでに手遅れだな」などと理解できます。当たり前ですがもはや売買するのが間に合わないなと思っていたら、仕かけないで、その場面ではすっぱりと吹っ切ることが肝心。どうやっても自身のシナリオを押し通して諦めずに新規エントリーすると外国為替市場にやられて反対にマイナスになる危険性があります。ただしたいがいの場合用意周到にあなたなりの筋書きを作り上げていくと、仕かけるのがやりようがないという状況にはならないだろう。たぶん、本格的に市場が上げ下げする前の状況のはずだからです。次に、差し当たり自らが注文しようとしている通貨ペアの上下の動きを、チェックすることが大事です。例として円安が進むだろうという物語を考えたのであればドルの動きに注目する事が大切です。相場の変化を注目し始めたときではまだドル円は大きく上下動する兆しを見せることなく上や下に小さな上げ下げを繰り返しているだけでしょう。だけど、その上げ下げをじっくりと調べていると、ある地点でじわじわと、ドル高へと外国為替相場が動き始めてくる。ここでようやく、ドルの新規注文を出すのだ。おおむね、ここまで念入りに用意をしておけば、その取引で勝てる率は大きくなります。